event

event

牛嶋としこ

三重県出身、12月15日生まれ 射手座 O型
三歳よりピアノ、九歳より電子オルガン、十四歳から声楽を始め音楽高校にて声楽を専攻、 音楽大学ではピアノを専攻しクラシックを中心に学ぶ。

十歳の時にフュージョン、十六歳の時にジャズヴォーカルを聴き強い衝撃を受け、大学卒業後より音楽講師、弾き語りにて活動を開始、ほぼ独学にてジャズヴォーカルに取り組み 平成五年の初ライブ以降ヴォーカリストとしての活動を開始、現在までコンサート、ディナーショー、パーティー、ライブ、イベント等に出演、 華やかなステージと甘美な歌声、豊かな声量、FM三重での約二年間、ぎふFMでの一年間のレギュラーパーソナリティ経験を活かしたトークには定評がある。

2005.3.3 1stアルバム「Embrace Me」をリリース
バイオリニスト高橋誠アコースティックバンドの2ndアルバム「LARK」にゲストヴォーカルで参加
2009.9.15 2ndアルバム「Still Of The Night」をリリース
2012.10.1 3rdアルバム「Somebody Loves Me」SACD/CD
4thアルバム
昭和スタンダード

ダニー・シュエッケンディック

アメリカ、ジョージア州アトランタ生まれ。芸術的素養豊かな家庭環境に育ち、13歳頃からJazzに親しみ、独学でドラムやピアノのレッスンをはじめる。

物理学者を志し、ジョージア州立大学からUCB(カリフォルニア大学・バークレー校)応用物理学科に転籍、しかし在学中にJazzへの想いを深めPianistの道を選ぶ。(セッション・ミュージシャン時代は、サンフランシスコ摩天楼のエリート・ビジネスマンとしての一面も。)

26歳でプロデビュー。サンフランシスコ~西海岸でのライブ活動を皮切りに、 コンコード・ジャズ・フェス出演、ヨーロッパ、ジャパン・ツアー※ を通じ、各地で高い評価を得たのち、 名古屋のジャズ・クラブからの演奏招聘により 1988年から日本での演奏活動を開始。
※当時の共演アーティスト… Faye Carol(vo)、Jimmy Witherspoon(vo,g)、Richie Goldberg(ds)、Wyatt Ruther(b)、 Jaco Pastorius(b)、Eddy Henderson(tp)、Lew Tabakin(Ts)、Ed Blackwell(ds)、Grady Tate(ds)、Milt Jackson(vib)、Connie Kay(ds)、Lewis Nash(ds)、Jeff Ballard(ds)等、多数。

強力なグルーブ、クリアでありながら瞬間のインスピレーションで紡ぐ変幻自在な表現、心に響くパワフルで豊かなJazzのエッセンス~”blues/うた”のある独自の演奏スタイルで聴き手を引き付け、Jazzファンのみでなく幅広いファンから強い支持を得ている。

現在、リーダートリオ「The Trio」のほか、DrunkenFish 等、名古屋を中心に地元のミュージシャンと精力的に演奏活動を続けている。
主な共演アーティスト: アニタ・オディ(vo)、ケイコ・リー(vo)(旧交も深く、オリジナル曲の作詞も手がける。)、土岐英史(sax)、岡田勉(b)、八神純子(vo)、渡辺裕之(ds)、ミッキー・カーティス(vo)、ブッツァ・ネチャック(b)、ミランダ・クリスティン(vo)、小濱安浩(sax)、 牛嶋としこ(vo)、高橋リエ(vo)等
日本伝統芸能とのコラボレーション:日舞(西川まさ子)、ジョン・海山・ネプチューン
タップダンスとのコラボ:市川ミサオ(中部地方を代表するタップダンサー)
など活動は多岐に渡り、新しい試みも続けている。
近年ではM.J.Q.デビッド・マシューズ(arr)との交流も。 2010年 NHK リトル・チャロ2 Adventure in the Middle World Vol.2 の作詞 -I’ii Be Waiting, My Turn, Time, I Can Do It Now

国内各所でのライブ、イベント、コンサートのほか名古屋芸術大学 音楽文化創造学科 ジャズ・ポップスコース元教授、名古屋ビジュアルアーツ 講師、 ヤマハミュージック名古屋 Jazz&Popularコース講師として後進の指導にも力を注いでいる。

一覧に戻る

北区

名古屋市北区役所地域力推進室

〒462-8511 名古屋市北区清水四丁目17番1号

TEL:052-917-6433 FAX:052-914-5752

その他のお問い合わせ

  • 名古屋ジャズストリート実行委員会