event

event

後藤浩二

1973年名古屋市生まれ。父親の影響で4歳よりクラシックピアノを始め、南山大学入学と同時にジャズに傾倒、在学中より演奏活動を開始。
2002年より毎年のようにオリジナルアルバムを発表、2004年には小曽根 真プロデュースによる、伊藤 君子(Vo)のアルバム『一度恋をしたら~Once
You've Been In Love』(2004年/Videoarts music)に4曲参加。
年々活動の幅は広がり2007年3月にはジャカルタで開催された「Jakarta International JAVA JAZZ Festival
2007」にHarvey Mason(ds)とともに"後藤浩二Trio"として出演、好評を博した。
2007年4月プロデューサー&ドラムスに世界最高峰のアーティストHarvey Mason、ベーシストにBrad Mehldauの右腕Larry
Grenadier を迎えニューヨークで制作された5作目となるトリオアルバム『hope』(2007年/Videoarts
music)は大きな話題となった。
またジャズヴォーカリストからの信頼は絶大で多数の作品に参加、クラシック音楽の演奏家との共演も多く、宗次ホールでのコンサートの模様を収録した6作目となるアルバム『後藤浩二
ソロコンサートwith
ストリングス』(2009年/爽健美舎SKB)をリリース。2015年3月に全編ソロピアノによるオリジナル楽曲中心のアルバム『LaRencontre~めぐり逢い~』を発表。2019年、the
EROSの2ndアルバム「Warm Feelings」を発表。現在名古屋を拠点に国内外で精力的に演奏活動・作曲活動を続けている。
kojigoto.web.fc2.com/

興津博規

奈良県奈良市出身
13歳からエレキベースを始め、16歳から関西でプロとして活動を始める
1998年より名古屋に移住し活動の場を広げる

Jazz, Latin, Pops, Rock, Soul, R&B, 演歌, シャンソン, アイリッシュなどジャンルを問わず幅広く活動を続ける
多くのアーティストのサポートや、コンサート・イベントなどで毎年多くのステージをこなし、名古屋で最も忙しいベーシストとして知られる
グルーヴ感のあるベースライン、メロディアスなソロ、そして高い読譜能力で数多くのアーティストから信頼されている

音楽学校などの指導も20年以上続けており、これまでに2800人以上の生徒を指導
名古屋芸術大学講師
専門学校HAL名古屋講師

http://www.f-clef.jp/hiro/
https://www.facebook.com/hiroki.okitsu.1

一覧に戻る

企画  北区役所地域力推進室
へのお問い合わせはこちら!

052-917-6433

その他のお問い合わせ

  • 名古屋ジャズストリート実行委員会