event

event

森谷ワカ piano&vocal もりやわか

愛知県安城市出身。4歳よりピアノを始める。愛知県立芸術大学声楽科に進学。
卒業後ジャズに目覚め ジャズボーカリスト植田ひとみ氏に師事。
安城ニューカントリージャズオーケストラのボーカルとして活動を開始する。
その後ピアノを弾きながら歌う独自のスタイルで活動を開始。
ジャズからコンテンポラリーまでジャンルは幅広く、その活動は「スイングジャーナル」「Jazz Life」「JAZZ JAPAN 」「中日新聞」等に掲載される。
また中京テレビ「ゲンキのトビラ」 Radio-i 「Ri- jazz」NHK 第一「ゴジらじ」はじめ複数のラジオ番組に出演。2010年12月 1st Album 「Love; needing to be loved」 2013年 2nd Album 「Too shy to say」発売。
現在、ジャズフェスティバルや東海地方のライブハウス等で活躍中。
また音楽療法やボランティア活動、専門学校講師、音楽スタジオでのボーカル・ピアノ講師にも意欲的に取り組んでいる。

出宮寛之 bass でみやひろゆき

1985年神戸市生まれ。
13歳からエレキベースを始め、19歳の時ウッドベースに転向する。
大阪音楽大学JAZZ科卒業。 在学中は木村知之氏に師事。
20歳より本格的にジャズベーシストとしての活動を日本全国を初め
海外では韓国、スペイン、またTVなどでも出演を果たす。
2012年に金沢ジャズコンペティションで優勝、
またピアノ宮川純ともにLinks Jazz Trioを結成し、全国ツアーも行っている。

浅井翔太 drums あさいしょうた

6歳から電子オルガン、11歳よりドラムを習い始める。ヤマハPMSで伊藤孝志氏に師事。
中学・高校では吹奏楽部に入部し、クラシックパーカッション全般を経験しながら様々なジャンルの音楽に触れる。
2007年 名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに入学しジャズドラムを黒田和良氏に師事。
クラシックパーカッション・打楽器アンサンブルを岡田知之、山口恭範、栗原幸江の各氏に師事。
2010年 ビブラフォン奏者Mike Mainieri氏と共演。同年より行っている台湾への定期的な海外遠征も好評を博している。
また打楽器奏者としても同大学の定期演奏会、打楽器演奏会や室内楽など、様々な演奏会に出演。
2011年 名古屋音楽大学を卒業。同年夏に渡米し、Centrum Jazz Workshopに参加。
Jay Thomas、Gary Smulyan、Quincy Davisの各氏から直接指導を受ける。

現在は名古屋市のジャズクラブを中心にライブやレコーディング、また音楽教室のドラム・パーカッション講師とし活動中。

一覧に戻る

企画  北区役所地域力推進室
へのお問い合わせはこちら!

052-917-6433

その他のお問い合わせ

  • 名古屋ジャズストリート実行委員会